1. HOME HOME
  2. インフォメーション
  3. 佐賀県からのお知らせ
  4. 乳幼児の歯ブラシによる事故に注意してください!

乳幼児の歯ブラシによる事故に注意してください!乳幼児の歯ブラシによる事故に注意してください!

むし歯予防のため、歯磨きは大切な生活習慣の一つです。歯磨き習慣が定着化したことにより、むし歯になる児童の数は年々減少していることが、文部科学省の学校保健統計調査でわかっています。乳幼児から歯ブラシになれるために、専用の歯ブラシを使用して歯磨きをさせる保護者さんも増え、様々なタイプの乳幼児用歯ブラシが販売されて います。
一方で、医療機関ネットワークには乳幼児が歯磨き中に歯ブラシをくわえたまま転倒し、口腔内に歯ブラシを突き刺す事故や、中には歯ブラシが頬に刺さり、手術・入院となった事例も報告されています。。

乳幼児の歯ブラシの事故情報を下記にまとめています。
お子さんが一人で歯磨きをする際には、事故の危険性について十分に理解し、防止に努めましょう。

《医療機関ネットワークに寄せられた事故事例》
〇事例1
歯磨き中に歩いて転倒(平成24年2月・2歳男児)
室内で歩きながら歯磨きをしていたところ、畳の部屋で前方に転倒した。歯ブラシは畳の上に放り出されており、ブラシ全体に血液が付着していた。水を飲むことができず右喉頭に裂傷ができていた。

〇事例2
歯磨き中にものにぶつかる(平成24年11月・1歳男児)
兄に追いかけられて歯ブラシをくわえたまま走っていたところソファにぶつかって歯ブラシが喉に刺さった。嘔吐し、鼻と口から出血した。右喉頭、口蓋垂の横に1cm程度の裂創ができていた。

〇事例3
歯磨き中に椅子から転落(平成23年6月・1歳男児)
洗面所で椅子(高さ50cm)の上に立って歯磨きしていたところ椅子から転落した。 歯ブラシのヘッド部分から3cmほどの所で2つに割れており、ヘッドの部分が口腔内に刺さっていた。歯ブラシを抜いたところ出血していたため、救急を要請した。左上の臼歯内側、軟口蓋近傍に裂傷があった。

《以下のことに注意しましょう》
・歯ブラシを口に入れたり、手に持たせたまま歩き回らせないでください。
・人や物にぶつかってケガをすることもあるので、周囲の状況にも気を付けましょう。
・イスや踏み台などから転落してケガをすることもあるので、不安定な場所での歯磨きは避けてください。

《引用:消費者庁HP》
乳幼児の歯ブラシによる事故に注意!(PDFファイル)

子育てとくとく会員募集中。子育て会員になって便利でお得なサービスを受けよう!

子育て会員登録

ご自分の携帯電話のアドレスを入力し、「URLを送信」ボタンをクリックしてください。

又はこちらの二次元コードを読み込み、空メールを送信してください。

会員登録用の二次元コード

ドメイン指定されている方は会員証発行の手続きができません。
設定変更をお願いします。

※スマホ・携帯のメール設定で「saga-s.co.jp」が受信できるよう設定をお願いします。
※はがきでの登録も可能です。子育て応援の店事務局(0952-28-2141)までご連絡ください。

子育て応援の店ご利用方法はこちら

このページのトップへ