1. HOME HOME
  2. インフォメーション
  3. 佐賀県からのお知らせ
  4. 機械式立体駐車場の駐車装置には子どもを近づけないで!

機械式立体駐車場の駐車装置には子どもを近づけないで!機械式立体駐車場の駐車装置には子どもを近づけないで!

機械式立体駐車場は、自動車を載せる台(パレット)が上下や左右に動くため、パレット周辺などに隙間や段差が生じる構造になっています。この隙間に子どもが挟まれたり、段差で転倒したりする事故が発生しています。すぐに救助されたため、大事には至らなかったものの、一歩間違えば亡くなっていたケースが平成29年度にも起きています。


「保護者が出庫操作を行っている際に、女児(3歳)が前面ゲートに覆いかぶさって遊んでいたため、高さ2メートルほどに上昇した前面ゲートと入出庫口の天井のはりに頭が挟まれて宙づりになった。」(平成29年8月発生)


また、事故のうち、マンションの機械式立体駐車場での事故が約半数を占めており、特に利用者が自家用車を出し入れするために駐車装置操作をしているときに多く発生しています。


機械式立体駐車場を利用するときは、機械の操作は、操作者自らが駐車装置内に人がいないことを確認した上で行い、子どもから目を離さず、手をつなぐなど、子どもを駐車装置に近づかせないよう、細心の注意を払いましょう。

《参考》
PDF   ▷消費者庁・国土交通省注意喚起「機械式立体駐車場での事故にご注意ください!」

外部リンク ▷国土交通省「機械式立体車場の安全対策」

      ▷政府広報オンライン「機械式立体駐車場に潜む危険にご注意を!


過去のトピックは「子ども安全メール from 消費者庁」 でご覧ください。


子どもを事故から守る!事故防止ポータル

0歳から6歳(小学校に入学前の未就学児)の子どもに、予期せず起こりやすい事故とその予防法、もしもの時の対処法のポイントをまとめたものです。
子どもの周囲の大人たちが、子どもの身の回りの環境にちょっとした注意を払い、対策を立てることで、防げる事故があります。明るく楽しい子育てと、毎日の生活のために、子どもを事故から守る正しい知識を身に付けるお手伝いとなれば幸いです。


≪詳しくは消費者庁HPでご確認ください。≫

子育てとくとく会員募集中。子育て会員になって便利でお得なサービスを受けよう!

子育て会員登録

ご自分の携帯電話のアドレスを入力し、「URLを送信」ボタンをクリックしてください。

又はこちらの二次元コードを読み込み、空メールを送信してください。

会員登録用の二次元コード

ドメイン指定されている方は会員証発行の手続きができません。
設定変更をお願いします。

※スマホ・携帯のメール設定で「saga-s.co.jp」が受信できるよう設定をお願いします。
※はがきでの登録も可能です。子育て応援の店事務局(0952-28-2141)までご連絡ください。

子育て応援の店ご利用方法はこちら

このページのトップへ