1. HOME HOME
  2. インフォメーション
  3. 佐賀県からのお知らせ
  4. 今なら無料!県内どこでもHPV検査を受けられます!

今なら無料!県内どこでもHPV検査を受けられます!今なら無料!県内どこでもHPV検査を受けられます!

子育て世代の女性に多い「子宮頸がん」。主な原因は「HPV」という、ほとんどの女性が一生に一度は感染するウイルスです。このHPVの有無を調べる検査を、市町が実施する子宮がん検診で、4月から無料で受けられるようになりました。通常の子宮頸がん検診の時にHPV検査を追加すると、がんになる前の細胞異常の発見精度がほぼ100%まで向上します。

「忙しい」「健康だから大丈夫」となりがちですが、大切な家族のために、今こそ検診に行きましょう。

【チラシ】子宮頸がんは防げるがんです

子宮頸がんって?

ほとんどの女性が一生に一度は感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)という、ごくありふれたウイルスが主な原因です。たとえ感染しても、多くの人は自分の免疫力でウイルスを排除できます。ところが、約10%の人がウイルスを排除できずに感染が持続してしまい、一部の人で細胞が変化します。この状態を「異形成」といい、長い期間を経てがんに進行する可能性があります。

HPV検査って?

HPVが消えたがどうかを見る検査で、現在の病変の有無だけでなく、「将来の細胞の変化」が予測できるため、子宮頸がんになる前の段階で治療できます。

  • がんになる前の細胞(前がん病変)の発見精度がほぼ100%まで向上します。
  • 通常の市町の子宮頸がん検診(細胞診検査)と一緒に検査するので、身体的負担もなく、今までと同じように受診するだけです。
  • 細胞診・HPV検査の両方の結果が「異常なし」の場合、次回は3年後の受診となり、検診間隔が延びます。

自己負担額

  • 子宮頸がん検診(細胞診検査):お住まいの市町によって異なります
  • HPV検査:無料(2020年3月まで)

無料化の対象となる方

佐賀県内にお住まいの30~44歳の女性(2020年3月31日時点)
※佐賀市にお住まいの場合、前年度または前々年度にHPV併用検査を受けて、細胞診、HPV検査ともに「異常なし」だった方

受診できるところ

各市町の集団検診や、個別の医療機関で受診できます。
集団検診の日程はこちらから検索できます。
個別の医療機関はこちら(PDF)からご覧いただけます。



●問い合わせ●

佐賀県 健康福祉部 健康増進課 がん撲滅特別対策室

電話:0952-25-7491 ファックス:0952-25-7268
メール:kenkouzoushin@pref.saga.lg.jp

子育てとくとく会員募集中。子育て会員になって便利でお得なサービスを受けよう!

子育て会員登録

ご自分の携帯電話のアドレスを入力し、「URLを送信」ボタンをクリックしてください。

又はこちらの二次元コードを読み込み、空メールを送信してください。

会員登録用の二次元コード

ドメイン指定されている方は会員証発行の手続きができません。
設定変更をお願いします。

※スマホ・携帯のメール設定で「saga-s.co.jp」が受信できるよう設定をお願いします。
※はがきでの登録も可能です。子育て応援の店事務局(0952-28-2141)までご連絡ください。

子育て応援の店ご利用方法はこちら

このページのトップへ